今までの方法はもう古い!ユーザーファーストSEOに注目すべき理由

SEO

ウェブサイトの質を高めるSEO

チェック柄の服

検索エンジンの精度が向上する前に主流だった、資金をかけて検索キーワード数や外部リンクの数を増やすだけで一定の効果を出すことが出来たSEO対策が、ブラックハットSEOと認定されてペナルティを受けるようになっている近年、コンテンツSEOの考え方にもとづいてSEO対策をおこなうことで、SEO対策に多額の費用をかけなくても、キーワード検索の上位に自社のウェブサイトを表示させることができるようになってきました。
たとえば、不動産関係のウェブサイトであれば、ただ間取りや家賃などの物件情報を並べるだけではなく、賃貸物件の貸し借りや、不動産売買のために必要な情報、地域のくらしに関する情報などをきちんとサイト内にまとめ、それぞれのウェブページに適切なURLとサイトマップを割り当てて整理し、それらを定期的に更新することによって、某G社からの評価を大きく引き上げることができるといわれています。
同様に、自社の製品やサービスにかかわる周辺情報をきちんと記載したり、つねにアクセス解析をチェックしたりして、ユーザーが必要としていないサイトのページが流入口になっていないかチェックし、より使いやすいウェブサイトになるように更新を加えることも有効です。

ピックアップ

記事一覧

TOP