今までの方法はもう古い!ユーザーファーストSEOに注目すべき理由

SEO

コンテンツSEO

パソコンを操作する手

最近のSEO対策の主流となっているのは「コンテンツSEO」と呼ばれるものです。この考え方は、質の悪いコンテンツで検索キーワードを稼ごうとする以前のSEO対策から脱却し、ウェブサイトの評価をおこなっている某G社が推奨するとおり、質の良いコンテンツをすっきりと整理された状態でユーザーに提供し、ユーザーに利益をもたらすサイトとして認識されることによって、企業の価値とSEO対策上の評価基準である、ページランクや外部リンクの数および質を向上させていこうという理論にもとづいています。
以前のSEO対策は、ユーザーにとっての利益や使いやすさを無視し、各ウェブサイトを巡回している、某G社などの検索エンジンがウェブサイトの内容を判断するためのクローラーに、対象となるウェブサイトをより高く評価させるための施策を中心としておこなわれていました。
しかし、以前のクローラーは文章の質やコンテンツの文脈ではなく、検索キーワードや外部リンクの数だけでウェブサイトを評価していたため、必ずしもユーザーの利益に基づいた判断はできていませんでした。最近では検索エンジンの発達にともない、よりユーザーにとって利益のある情報を、より高く評価する仕組みができてきています。

ピックアップ

記事一覧

TOP