今までの方法はもう古い!ユーザーファーストSEOに注目すべき理由

SEO

ユーザーファーストSEOこそ次世代型のウェブ対策

インターネットとビジネスが切っても切り離せない関係になった昨今、いかに自社のホームページを見てもらうのかが、会社にとって常に問題となっています。通常考えるのが広告ですが、広告費は中小企業ではなかなか費用が割けず、認知度を上げるのは難しいことでした。そこで出てきたのがSEO対策です。SEO対策はリンクサイトからリンクを貼り付けるなどして、自社HPの検索順位を上げるという対策のことなのですが、これは安い初期費用で効果を上げられるということで、人気がありました。
しかし最近では、検索エンジンの精度向上とともに、従来のSEO対策が通用しなくなってきました。やはりこの方法だと、実力以上の順位に来てしまうので、ユーザーにとって利益にならないと検索エンジン会社が判断したためです。
そして、従来の対策に代わって出てきた概念がユーザーファーストSEOです。ユーザーファーストSEOは無理やり順位を上げるのではなく、読んで楽しい、見て面白いコンテンツを充実することによって、地道に順位を上げていこうという対策です。もちろん、これは質の低いブラックハットSEO会社では不可能であり、ホワイトハットSEO会社でなければユーザーファーストSEOという次世代型のSEO対策を講じることは不可能です。時代に取り残されないためにも、新しいSEO対策ができる会社に相談でしてみましょう。

ユーザーファーストSEOは基本に立ち返るウェブ対策

SEO対策というと、今では多くの会社がおこなっていると思います。やはりネット広告だけではお金がかかりすぎるため、検索エンジンの最適化をすることで検索順位を上げようとするのはごく自然な感情です。しかし、今までは通用していたSEO対策も検索エンジンの発達とともに、徐々に通用しなくなってきています。
従来のSEO対策では、所定のキーワードを盛り込んだ一定量のコンテンツを定期的に掲載していれば、検索順位を上げられると言われてきました。しかし、それではユーザーにとって本当に有益なホームページが上位表示されないのではないかという懸念が以前からあり、このコンテンツ更新の対策では順位が上がりにくくなっています。
そこで、もっとユーザーに寄り添ったSEO対策を、ということで提出された概念がユーザーファーストSEOです。ユーザーファーストSEOは、キーワードやコンテンツの更新といった基本的なノウハウは継承しつつ、より質の上がったコンテンツを提供とする、新しい時代のSEO対策です。ある意味で、これはホームページ運営の基本戦略とも言えるのですが、不正なSEO対策が幅を利かせている今となっては、もう一度基礎的なところに立ち返る時期なのかも知れません。数こそ少ないですが、ユーザーファーストSEOを取り扱う会社もぽつぽつ出てきているので、一度検索してみてください。

ユーザーファーストSEOとは何か

ユーザーファーストSEOとは、検索エンジンを重視して考えるのではなく、ユーザーの満足度を第一に考えたSEO対策のことを指します。
もし低品質で信ぴょう性のない記事を多くの人が信じてしまったり拡散されたりしてしまったりしたら、信じた人が時間を無駄にしたり、生活で損をしてしまったりすることになります。そうならないような文、画像などを用いた記事を用いて、ユーザーの生活、人生の質を上げることを目的にしながらSEO対策を行います。
大手検索エンジンでは最近、被リンクの数だけではなく、文章の質の高いものが上位に表示されやすくなっています。また文の質だけではなく、ユーザーの意識している欲求、意識していないけど本当は望んでいる欲求などを掴むことができれば、さらに検索上位に表示される可能性が上がります。ニーズを的確にとらえることがユーザーファーストSEOには必須です。
また考え方そのものを考える必要があります。表示速度なども検索サイトに好まれるから軽くするのではなく、ユーザーが見やすいから、という考え方で対策することもユーザーファーストSEOの考え方です。サイトそのものの構築、検索結果の表示、そして中身など、すべてのことをユーザーのため、と考え直してみることが大切です。

ノートパソコン

ピックアップ

記事一覧

TOP